previous arrow
next arrow
Slider

法律コラム

新着情報 2019/04/10
従業員のSNS利用

ビジネスを健全に発展させたいとお考えの経営者様

イメージ

経営をされていると、当初はささいに思われた法律トラブルがいつの間にか大きくなってしまい、本業に集中できなくなってしまうことがあると思います。法律トラブルの対応のために心身共に疲弊してしまっては、本業のビジネスの健全な発展は望めません。

そこで、法律トラブルの対応について当事務所におまかせいただくことで、経営者の皆様には本業に全力を注いでいただくことができます。当事務所の弁護士は、法律を使って、経営者の皆様に「紛争解決への最適な道(ルート)」を示すことができるよう最善を尽くしております。

顧問弁護士サービス活用の6つのメリット

  • 1 トラブルが起こった際にすぐに相談できる
  • 2 弁護士に相談すべきか判断に悩むような相談内容であっても、気軽に相談できる
  • 3 御社の業務内容や内情について詳しい弁護士から法的アドバイスを受けることができる
  • 4 迅速な対応が期待できる
  • 5 継続的かつ安定的な関係を構築することができる
  • 6 法務コストの削減につながる
  • 法の力でビジネスを強力に推進する ルート法律事務所の顧問弁護士サービス

弁護士の活用事例

イメージ

【事例1】 売掛金・請負代金の回収

取引債権回収

売掛金や請負代金の回収の難易度は,1)契約書などの証拠が十分にあるか,2)貴社の納品物について瑕疵などのトラブルがないか,3)相手方に支払う資力があるか,差押えができるか,によって決まると言っても過言ではありません。

例えば,契約書などの証拠が不十分な状況で,いきなり弁護士を代理人にして請求を行うと,相手方は警戒してしまい,言い逃れをしたり,証拠を隠してしまったりすることがあります。

続きを読む >>

イメージ

【事例2】 契約書のリーガルチェック

取引契約書

契約交渉の多くは,企業様自身が行われ,M&Aなどのよほど特殊な案件でない限り,弁護士が代理人として契約交渉を行うことはありません。
しかし,企業活動を行うにあたって,契約の締結は頻繁に行われ,それに法的な効果が付与されていきます。

続きを読む >>

イメージ

【事例3】 労使トラブルの対応

労務労使間トラブル

日本の労働法規は,概ね労働者を保護するために制定されており,労働者との間で生じた法的紛争は労働者有利な結論を生むことが多いといえます。
また,例えば残業代の未払いの事案などでは,法律にしたがって厳密に計算をした場合,会社側が高額な金員の支払いをしなければならないことがあります。

続きを読む >>

その他の事例はこちら

相談内容別専門サイト

  • 大阪の弁護士による中小企業のための破産・再生相談
  • 大阪の弁護士による中小企業法律相談

法律コラム

新着情報 2019/04/10
従業員のSNS利用

ビジネスを健全に発展させたいとお考えの経営者様へ

  • イメージ
  • 経営をされていると、当初はささいに思われた法律トラブルがいつの間にか大きくなってしまい、本業に集中できなくなってしまうことがあると思います。法律トラブルの対応のために心身共に疲弊してしまっては、本業のビジネスの健全な発展は望めません。
     
    そこで、法律トラブルの対応について当事務所におまかせいただくことで、経営者の皆様には本業に全力を注いでいただくことができます。当事務所の弁護士は、法律を使って、経営者の皆様に「紛争解決への最適な道(ルート)」を示すことができるよう最善を尽くしております。

顧問弁護士サービス活用の6つのメリット

  • トラブルが起こった際にすぐ相談できる
  • 弁護士に相談するべきか判断に悩むような相談内容であっても、気軽に相談できる
  • 御社の業務内容や内情について詳しい弁護士から法的アドバイスを受けることができる
  • 迅速な対応が期待できる
  • 継続的かつ安定的な関係を構築することができる
  • 法務コストの削減につながる
  • ルート法律事務所の顧問弁護士サービス

弁護士の活用事例

  • 【事例1】 売掛金・請負代金の回収

    イメージ 取引債権回収

    売掛金や請負代金の回収の難易度は,1)契約書などの証拠が十分にあるか,2)貴社の納品物について瑕疵などのトラブルがないか,3)相手方に支払う資力があるか,差押えができるか,によって決まると言っても過言ではありません。
    例えば,契約書などの証拠が不十分な状況で,いきなり弁護士を代理人にして請求を行うと,相手方は警戒してしまい,言い逃れをしたり,証拠を隠してしまったりすることがあります。

    続きを読む >>

  • 【事例2】 契約書のリーガルチェック

    イメージ 取引契約書

    契約交渉の多くは,企業様自身が行われ,M&Aなどのよほど特殊な案件でない限り,弁護士が代理人として契約交渉を行うことはありません。
    しかし,企業活動を行うにあたって,契約の締結は頻繁に行われ,それに法的な効果が付与されていきます。

    続きを読む >>

  • 【事例3】 労使トラブルの対応

    イメージ 労務労使間トラブル

    日本の労働法規は,概ね労働者を保護するために制定されており,労働者との間で生じた法的紛争は労働者有利な結論を生むことが多いといえます。
    また,例えば残業代の未払いの事案などでは,法律にしたがって厳密に計算をした場合,会社側が高額な金員の支払いをしなければならないことがあります。

    続きを読む >>

その他事例はこちら

相談内容別専門サイト

大阪の弁護士による中小企業のための破産・再生相談 大阪の弁護士による中小企業法律相談